2012年02月29日

細胞内の温度差分かる試薬=がん診断など応用期待―東大など・・納得・・・

少々余裕ありあり・・・
これってそれって横槍をしたくくなっちゃうかな?
今度は速報などや、細胞内の温度差分かる試薬=がん診断など応用期待―東大など・・納得・・・ の事等記入してみたんです。

☆★☆

細胞内の温度差分かる試薬=がん診断など応用期待―東大など
時事通信 2月29日(水)9時12分配信

生きた細胞内の微妙な温度差を蛍光を発している時間の長短によって測定できる試薬を開発したと、東京大大学院薬学系研究科の内山聖一助教や奈良先端科学技術大学院大の稲田のりこ特任准教授らが29日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

細胞の種類によって内部の温度分布がどう違うかを比較することにより、がん細胞の新診断法などを開発できる可能性があるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120229-00000036-jij-soci

★☆★

こういったセンスでやんわりで行動あるのみ!
この有様で、やっとの事です。
ボンジュール〜


これから、どのように変化していくのか予測がつきにくい状況です。この変化の兆候はネットの世界にも影響が出てきています。たとえば、自動車の保険3000cc車の損害保険乗り換え、また分割・払い一回・払いなど検索されることが頻繁になってきています。こういう単語の羅列は、検索者の心理状態を現しているのでしょうか?さらに、自動車の保険更新車の損害保険買い替え、また自動車の保険入替車の損害保険2台目なども注目されるところです。こんなところにも、世の中の移り変わりが出てきてい\xA4
泙后\xA3
今日の授業
きのうの物事
今日の勉強
posted by ゆうと69ov at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。